はじめてのビットコイン購入は - はじめてビットコインを購入してみる

はじめてのビットコイン購入は

▼ 目次

はじめてのビットコインをどのように購入すべきなのかをぜひ知っておきましょう。

仮想通貨時代が到来し、メディアやインターネットなどでも多くの話題をさらっています。
その中でもビットコインは有名です。
ビットコインという名前くらいは耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
ビットコインとは仮想通貨のひとつであり、今年1年間で何倍にも価値が膨れ上がっています。
多くの利益をあげた方はもちろんのこと、中には億万長者になったという方もいらっしゃいます。

そんな報告を受けて、私もビットコインを購入したい、ビットコインについてもっと知りたいという方も増加しています。
ビットコインについて概要を知り、ぜひとも仮想通貨時代に乗り遅れないようにしたいですね。
まずははじめてのビットコインをどのように購入すべきなのかをぜひ知っておきましょう。

ビットコインを購入するにあたって、まずはビットコインとはどのようなものかを知っておく必要があるでしょう。
ビットコインとは仮想通貨の名前同様にインターネットなどの仮想空間で扱うことができる通貨ではありません。
仮想通貨という名前はついているものの通貨という概念ではなく、決済システムのひとつとして成り立っています。
コインをやり取りしているというものではなくシステム上で誰に発行されたか、ユーザー間で誰から誰へ支払いを行ったのかという決済情報を記録しているのです。
しかし使用スタイルや扱い方については通貨に非常に似ているため、通貨なのか決済システムなのかという議論が行われています。
日本国内においては2017年4月に法律が施行され、決済システムとしては認められています。
しかし通貨としては認められていないので注意が必要です。

ビットコインなどの仮想通貨についてはじめて購入するのであればパソコンやスマートフォンが必要となります。
電子端末とインターネットにアクセスできる環境がなければ購入することができません。
また決済も行うことができませんので、インターネットにアクセスできる環境をそろえることは必要です。
例えばインターネットにアクセスできる環境がなければビットコインでの決済を行うこともできないことは今後改善されるかもしれませんがあらかじめ念頭においておきましょう。

購入するには販売所か取引所を利用して行う方法が一般的

ビットコインを購入するには販売所か取引所を利用して行う方法が一般的です。
それぞれのサービスに関しては利用登録を行い、その上で現金振り込みまたはクレジットカード、電子マネーでのキャッシュを用いて、その額に応じた分を購入します。
2018年現在ビットコインは1ビットコインあたり120万円となっていますが、最小単位ではないのでかなり柔軟に購入することができます。
ビットコインの最小単位は 0.00000001ビットコインとなっているので0.012円から扱うことができるのです。
しかし販売所や取引所によっては最小単位が決められていることもあるので、それに従って購入を行うようにしましょう。

ビットコインの販売所とは企業などがサービス提供しており、企業が保有しているビットコインを購入することができます。
企業がサービス提供を行っているためビットコインの時価よりもやや高めに価格が設定されていることが多いです。
これは手数料や会社の儲け分として上乗せされているのです。
後述いたしますが、ユーザー間でのビットコインの取引に関しては価格を自由に決めることもできるためこのような利益を上乗せした取引も可能なのです。

次に取引所から購入することができます。
取引所とは企業などがサービスを提供しており、ユーザー間での取引を行える場として利用することができます。
ユーザー同士でビットコインの時価で取引することができるため非常に人気があります。
取引所に関してはパソコンだけではなくスマートフォンアプリなどでも提供されているため、インターネットにアクセスできる環境があればいつでもどこでも取引を行うことができます。
テレビコマーシャルなども盛んにおこなわれているため今後取引所がどんどん増えるのではという見方も強まっています。
24時間取引ができる取引所ならbitbank trade(ビットバンクトレード)がおすすめです。

首都圏や都市圏にはビットコインATMという新しいサービスもできてきています。
ビットコインATMとは、設置してある機械からビットコインを現在の時価、または市場価格で現金をビットコインに変えて、ビットコインウォレットへ入れることができるというサービスなのです。
現在では設置場所や台数が限られていますが将来的にはどんどん増えていくことが予想されています。
それに伴いビットコインで決済できる店舗や販売店なども今後は増加すると考えられています。

最後に

最後にOTC(Over the counter)取引でビットコインを手に入れる方法があります。
OTC取引という名前の通り個人取引であり、ユーザー同士で決済を行うことで取引をするものです。
個人間取引なので時価などに左右されず価格を決めることができ、また量にも制限がないため所持している分であれば自由に取引を行うことができます。
個人間とはいえどもシステム上には決済履歴は残るので不正はできないようになっています。
家族間などでも自由に分け合うことができるので便利な使い方ができます。